三井ホーム デメリット

三井ホームのデメリットについて

マイホームを建てるときには、各ハウジングメーカーのメリット、デメリットというのが気になってくるところです。できれば、やはりメリットの多いハウジングメーカーを選びたいというのが心情になってきますが、実際には、こういったメリットとデメリットは裏表です。

 

 

三井ホームでいえば、理想の家づくりができる、というのが最大のメリットとなりますが、その反面、価格の高さが、最大のデメリットだといえます。

 

 

三井ホームの家というのは、モデルハウスなどを見ていても、全体的なまとまり感があり、デザイン性の高いものになってきます。プロのデザイナーが注文住宅などにも対応しているということで、自分の理想を、本当にセンス良く実現することも可能です。

 

 

ただ、実際三井オームの価格帯は高く、ハウジングメーカーとしては最高値だといってもいいでしょう。だいたい、坪単価70万円前後が基準だと思ってよいでしょう。

 

 

こうなると、予算にも上限がありますし、ローン条件との兼ね合いもありますので、手が届くかどうか、といった感じになってきます。三井ホームのホームページなどでは、60万円くらいの坪単価で出ているものもありますが、実際に三井ホームのモデルハウスのような家にしようとしたら、そこからどんどん価格があがってくることを覚悟しなければなりません。

 

 

そういった点を踏まえながら、どのハウジングメーカーにするか、というところが、大きな選択になってきます。もう少し価格をおさえた標準規格の家もありますが、その場合だと、三井ホームならではのデザイン性や、プロの設計による、理想の住まいづくり、というものととは違ってきてしまいますので、そのあたりを考えると、同じ価格帯で、商品を出しているほかのハウジングメーカーの方にメリットがあるというような判断もでてきます。

 

 

予算に限りのある方にとっては、この高級価格というのが、三井ホームの最大のデメリットとなってくるといえるでしょう。

 

 

三井ホームの評判|失敗しないで家を建てる方法のTOPへ戻る