三井ホーム 寿命

三井ホームの寿命は!?

自分の家を建てるのであれば、長く住める家、寿命の長い家にしたいものです。自分の代の間はもちろん、子供や孫がいる方であれば、その代まで、立派に住み続けられる家にしたいと思うものでしょう。

 

 

せっかくのマイホームですから、自分の代だけではなく、その子供、そして孫まで、安心できる家にしたいものです。

 

 

こういった点において、三井ホームは、こだわりを持っているハウジングメーカーだといってよいでしょう。三井ホームといえば、知らない人はいないといったくらいの、大手のハウジングメーカーになってきます。

 

 

そして、この三井ホームの一番の特徴が、自分の理想の家、オーダーメイドの家づくりとなっているかと思います。ただ実際、それだけではなく、長い世代にわたって住み続けられる家というところにも、三井ホームは力を入れています。

 

 

三井ホームが出しているコンセプトとしては、愛着や誇りの感じられる“暮らし継がれる家”、というものになっています。こういった受け継げる家を、オーダーメイドでつくりあげるというところに、三井ホームならではのこだわりがあるようです。

 

 

この三井ホームですが、1974年に日本におけるツーバイフォー工法のオープン化とともに創業したハウジングメーカーだといわれています。もともと、ツーバイフォーというのは、寿命が短いものだといわれていました。しかし、三井ホームにおいては、日本の風土、暮らしに合わせて、独自にこのツーバイフォーの木の家を進化させてきています。

 

 

その結果、三井ホームでは、高耐久の家を実現しているのです。さらには、家の寿命というのは、その丈夫さや機能性といったところにもポイントがおかれていますが、三井ホームの家は、断熱・気密性能を備えた「プレミアム・モノコック構法」というものを採用しています。

 

 

この性能により、長期間安心して快適に住み続けられる家となっています。また安心といえば、優れた耐震性能という点でも、評価をされています。

 

 

三井ホームの評判|失敗しないで家を建てる方法のTOPへ戻る