三井ホーム 失敗

三井ホームの失敗事例について

ハウジングメーカーのなかで、どこを選ぶかというのは、かなり大きな選択です。できれば失敗したくない、と思うからこそ、迷ってしまうものですが、とはいっても失敗の事例というのは、どのハウジングメーカーでも聞かれます。

 

 

こういった失敗事例を知る事で、自分の時にはそれを防ぐように最善の策をとりたいものです。

 

 

三井ホームの失敗でみられるのは、やはり価格のところになってきます。三井ホームは、何より高いハウジングメーカーとして知られています。もちろん、この高級さが三井ホームの売りでもあるので、納得して購入するひとにとっては、価格に見合った満足な家ということでも評判はあります。

 

 

ただ、実際、三井ホームの最初の提示してきた金額が、最終的には思っていた以上に高くなってしまった、失敗した、というようなこともあるようです。広告などで、三井ホームの家が単価60万円、などとあったとしても、それは最少の坪単価となりますので、注意が必要なのです。

 

 

実際には、工事が進むにつれて、色々な追加費用がかかってきたりしますので、最終価格としては、70万円から80万円というようになってしまうのです。こうなると、予算を超えてしまって、困った、という経験をした人もいるようです。

 

 

また、三井ホームにしようとしたものの、値段が高すぎて、注文住宅ではなく、規格住宅に切り替えたが、それが失敗だった、というケースも見られます。

 

 

規格住宅の価格帯としては、坪あたり50万円から60万円となるようで、だいぶ価格帯としては手が届きやすいようになるといえます。ただ、こうなると、三井ホームならではのデザイン性や、プロの設計によるオーダーメイドの家、というものとは違ってきてしまいますので、三井ホームにすること自体のメリットがなくなり、失敗となってしまったりするようです。

 

 

たしかに、価格だけを考えると、同じ価格帯で、商品を出しているほかのハウジングメーカーのほうが、規格住宅では良いものが見つけられたりする可能性もありますので、きちんと比較してみるのも必要だといえるでしょう。

 

 

三井ホームの評判|失敗しないで家を建てる方法のTOPへ戻る