三井ホーム 太陽光 価格

三井ホームの太陽光の価格

最近は、マイホームを建てるときには、太陽光発電を検討したいという人も増えきています。エコへの配慮の広がりというものもありますし、同時に、電気代など、ランニングでのコスト面でのメリットが大きいというところも、増えている理由となっているようです。

 

 

こういった太陽光というのは、家づくりにおいて、最初の初期費用は掛かりますが、上手な取り入れ方をすれば、その後何年、何十年とかかってくる全体的な光熱費のコストを抑えることができるというところにメリットもあり、注目されています。

 

 

三井ホームも、こういった太陽光についての商品化を積極的に行っています。

 

 

三井ホームの太陽光について、リリースを見てみると、販売参考価格(消費税込み)2,462,400円となっています。家を建てるにあたって、プラス250万円というのは、なかなか安い金額ではありません。

 

 

試算条件としては、施工面積(空調対象床面積)50坪とした場合で、つけているのは、Newスマートブリーズ 東芝製単相4馬力、太陽光発電 シャープ製ブラックソーラー2kWという試算です。

 

 

また。これに加えて、付帯電気工事費が別途かかってくるということになりますので、そうなると、三井ホームの太陽光の価格としては、だいたい300万円くらいを、予算としては見ておいた方が安心だといえるでしょう。

 

 

この三井ホームの太陽光は、「スマートブリーズZERO」という商品となっています。「2×6ウォール」の超・高断熱性能により、太陽光発電わずか2kWの搭載で冷暖房費をまかなうことができる、という機能性をもっていることが、特徴です。

 

 

そのため、これまでであれば、太陽光をなかなか検討できなかったような都心部の狭小地などでも、太陽光を検討できるということが、評価されています。

 

 

また、複雑な屋根形状においても、この「スマートブリーズZERO」であれば、必要量の太陽光パネルが設置できるということで、普段使う空調に必要とされるエネルギーについては、自給自足が可能となるといわれています。

 

 

三井ホームの評判|失敗しないで家を建てる方法のTOPへ戻る