三井ホーム 高い

三井ホームが高い理由について

ハウジングメーカーのなかで、どこを選ぶかというのは、かなり大きな選択です三井ホームは大手ハウスメーカーの中でもかなり高い部類になります。

 

 

 

ただ、値段が高くても人気のハウジングメーカーということも言われています。それには、三井ホームのデザイン性や、なにより、オーダーメイドのマイホームづくりという商品設計にあるといえるでしょう。もともとが、北米生まれのツーバイフォー工法ということもあり、会社設立当初から、高級な住宅、そしておしゃれな家づくりということで、路線を確立しているということも言えるでしょう。

 

 

 

全体的に高級住宅志向ですので、価格帯もなかなか高いものとなっています。広告などを見ていると、三井ホームで坪単価60万円から、といったものもありますが、そこからさらに費用が掛かってきます。

 

 

三井ホームのホームページなどにある価格表記などというのは、最少の坪単価となります。工事が進むにつれて、色々な追加費用がかかってきたりしますので、そこからさらに積まれていくという点については、注意が必要です。

 

 

なので、実際の支払額としてみると、70万円から80万円というように思っておいた方がよいでしょう。確かに、これは他の大手ハウジングメーカーと比べてみても、かなり高い価格になってきます。

 

 

チェーンでローコストをうたっているようなハウジングメーカーだと、坪単価で30万円、40万円というような住宅もでてきています。こういったところと比べると、倍といってもいい値段になるわけですから、かなりの予算がないと、三井ホームで家を建てるというのは、高嶺の花になってきてしまいます。

 

 

逆に、三井ホームでも、規格住宅というかたちで、手の届きやすい商品というものもありますが、それでも、あたり50万円から60万円となるようで、安いとはいえない値段です。だいぶ価格帯としては手が届きやすいとはいえますが、他と比べてみれば、規格住宅でも坪単価50万円となるのでは、やはり高いといえるでしょう。

 

 

三井ホームの評判|失敗しないで家を建てる方法のTOPへ戻る